遠くのセンターより近くの出張試験会場。ユーも近所でボイラー2級ゲットしちゃいなよ。ボイラー2級全国出張試験【2018年度版】

ボイラー2級は月に1~2回、全国7カ所にある安全衛生技術センターで試験が行われる。

・北海道恵庭市

・宮城県岩沼市

・千葉県市原市

・愛知県東海市

・兵庫県加古川市

・広島県福山市

・福岡県久留米市

年に1回や2回という試験が多い中、開催回数が多いのは良心的である。


しかし、問題も多い。

試験会場である安全衛生技術センターというところは、とにかく最寄り駅から遠い。

駅にたどり着くまでが一つの旅なのに、さらに試験場までの旅が続く、

という笑えない状況である。

一発で合格できればいいが、これで落ちたならば、

また不毛な旅に再度出なければならない。

そしてセンターの試験は原則平日だ。一般の方には厳しいスケジュールだ。


というわけで、遠隔地の人でも受験できるように

年に1回(場所によっては2回)出張試験というものが設けられている。

基本、土曜か日曜開催である

東京在住の私は、市原五井の山奥へ行くこともなく

早稲田大学での出張試験でボイラー2級を無事ゲットできた。


以下が出張試験の詳細へのリンクである。

自分の近くに該当するものがあればチェックしてほしい。

















出張試験を受けるにあたっての注意点は以下の通りだ。


1. 試験日は全国一斉ではなく、各所バラバラである。

当然ながら申し込み受付日も異なるのでチェックを忘れないこと。


2018年度の東京であれば、

試験日:2018年9月8日(土)

試験時間:(二級ボイラー技士については)13:30~16:30

場所:早稲田大学早稲田キャンパス

願書受付期間:7月2日(月)~7月13日(金)


2. 申し込み先が安全技術センター以外、ということが多い。

例えば2018年度の東京であれば、願書提出先は日本ボイラ協会東京支部になる。

提出先がどこになるのか必ずチェックしよう。


というわけで、近所で出張試験が行われるユーは

無駄なお金と体力を消耗しないでボイラー2級とっちゃいなよ。

あとは実技講習クリアして、ユーもボイラー2級メンバーさ!


勉強は公表問題3年分。

余力があれば試験向けに作られたテキスト読み込みで決まりだね。











ブログランキングに参加しております。

役に立ったと思ったらポチっとお願いします。




この記事へのコメント